LINEが苦手な男性の心理5選と攻略法を解説!

  1. LINEが苦手な男性の心理を知りたい
  2. LINEが苦手な男性とやり取りしているけど、恋人になる為に気を付けておくべきことってある?

LINEが苦手な男性と上手く向き合っていかないと恋人になるのは難しいです。

当記事を執筆している私自身も昔はLINEが苦手で、深く考えてしまいストレスを抱えることだってありました。

そこで当記事では、LINEが苦手な男性心理と攻略法をまとめたので解説します。

最後まで読めば、相手がLINEが苦手な男性でも距離を縮めることができますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

LINEが苦手な男性の心理5選

LINEが得意な人からすれば苦手な理由ってなに?と思いますよね。

LINEが苦手な人にはそれなりの理由があるのです。

実際に苦手な理由を5つ紹介します。

すぐに返信しないといけない感がある

メールと違ってLINEはすぐに返信しないといけないという心理があります。

何故なら、既読機能があるからです。
既読なのに返信しないと「相手を不安にさせてしまう」と考える人もいるんですね。

LINEを待つ側としては時間がるときに返信をくれればいいと考えますが、苦手な人は深く考えすぎてしまう為、すぐに返信しないといけないという心理が働いてしまいます。

既読・未読スルーされることにストレスを感じる

LINEにおいて既読スルーは良くある話です。

忙しくて1日LINEを返すことが出来ないのはしかたないですが、2,3日も返信がないとストレスを感じてしまいLINEに苦手意識を持ってしまう男性もいます。

謝罪のメッセージもなければ、LINEを嫌いになるのも無理はないでしょう。

LINEを終わらせるタイミングが分からない

共通の趣味などがあればLINEも盛り上がります。

でも、終わらせるタイミングに困ってしまいLINEが嫌いになってしまう男性もいます。

寝たいけど話が盛り上がってるから終わらせづらい

終わらせるにしても何て返したらいいか分からない

相手の事ばかり考えてしまい既読無視すれば「嫌われるかな?」と思い、なかなか終わらせることができません。

つまり、LINEでは最低限の連絡しかしたくないということです。

「どんなメッセージを送れば良いのか」を考えないといけないので疲れる

LINEは文章でのやり取りなので、自分の感情や考えを表現するのは難しいです。

相手にしっかり自分の気持ちを伝える為に、頭で考えますよね。

絵文字を使って自分の感情を表現したりと考えていくうちに疲れてしまいます。

基本的に短文でやスタンプのみで返したいのが本音なんですね。

長文LINEが来たときに短文で返しづらいのが困る

LINEが苦手な男性からすれば長文も苦痛に感じます。

普段は短文でやり取りしているのに、急に長文を送られてくると「自分も長文で返さないと相手に悪い印象を与えてしまう」と考えてしまうからです。

LINEが苦手な人は頭を使いたくない為、長文が送られてきても返信に困ってしまうんですね。

LINEが苦手な男性の攻略法6つ

LINEが苦手な男性と出会っても良い関係を築くためにするべきことを6つ紹介します。

先に結論からお話しすると、

  • 返信は催促せず1日以上は様子を見る
  • 長文メッセージは送らず短い文章でやり取りする
  • 相手が返信しやすい文章を心掛ける
  • 返信速度は相手に合わせ「早く返さなきゃ」という意識をなくす
  • 返信する時間帯に気を使い返しやすい環境を作る
  • 会ってる時間は大切にしよう

では一つずつ解説していきます。

返信は催促せず1日以上は様子を見る

LINEが苦手な男性にも色々な理由があります。

「何してるの?」「LINE見てる?」など、返信が来ないからと言って催促するようなメッセージを送っては逆効果。

催促された側は「空気読めない人だな」と思い、ブロックされる可能性まであります。

LINE嫌いな人に限らず催促LINEは嫌われる傾向になりますので、返信が来ないからと言って焦らず気長に待つことが大切です。

長文メッセージは送らず短い文章でやり取りする

好きな人だからと言って何も考えず長文LINEを送ってしまっては「なんか重いな」と思われてしまう可能性があります。

LINE嫌いな人は短い文章で済ませたい人が多いので、基本は短文でやり取りしましょう。

管理人

でも、相手が長文で返してくれる時はあなたも長文で返してあげることで、心地よくラインを楽しむことができます

参考記事:【男女別】長文LINEって何行から?好きな人に好かれる最適な長さを解説!

相手が返信しやすい文章を心掛ける

LINEが苦手な人に限らず返信しづらい文章と言うのは返しにくいです。

例えば、

  • そっけない文章
  • 質問がない
  • 興味のない話題

基本は相手が言ったことに共感をしてあげて、話題を広げてあげることが大切です。

返信速度は相手に合わせ「早く返さなきゃ」という意識をなくす

好きな人がLINEの返信速度が遅いなら相手に合わせ、遅く返信することも大切です。

返信が遅い人に即レスしてしまうと「早く返さなきゃ」というプレッシャーを与えてしまいます。

LINEの返信速度が違うだけで違和感を感じ、負担になってしまいますので注意して下さい。

最適な返信速度を知りたい人は以下の記事を参考にしてください。
参考記事:LINEの返信速度はどうしてる?好きな人を落とす最適なペースを解説!

返信する時間帯に気を使い返しやすい環境を作る

忙しい時間に返信してしまっては既読無視される可能性があります。

相手が返しやすい時間に返信することで、LINEに対する苦手意識を軽減することができます。

LINEを使わず電話で距離を縮める

好きな相手がLINE嫌いだった場合、電話でアプローチするのも方法の一つです。

「LINEより電話の方がいい?」と聞き、「LINEはめんどくさいから電話の方がいいかも」と言われたらLINEより電話で話した方がいいでしょう。

好きな相手が負担にならない方法で連絡を取ることが、恋愛に発展する第一歩でもあります。

会ってる時間は大切にしよう

LINEが苦手だからこそ会ってる時間は楽しく過ごしたいもの。

特にLINEが苦手な男性は頻繁にやり取りをしない分、会った時の時間は大切にしたいと考えています。

好きな相手との親密度にもよりますが、少しボディータッチをしたみたり褒められて嬉しい部分を褒めてみたりすることで意識させてみるのも効果的です。

管理人「さりげなくボディータッチすることで男性側も意識してしまうのでおすすめです。」

LINEが苦手な男性は会ってる時間を大切にするべし!

LINEが苦手な男性の心理と攻略法を紹介してきました。

一番大切にしてほしいのが、会っている時間です。
LINEが苦手な男性は合っている時間を大切にしたい傾向にあります。

LINEでのアプローチも大切ですが、振り向いてもらうためには会っている時間にさりげなくアプローチすることがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました