LINEの駆け引きテクニック8選【モテる男のライン術】

好きな女性とLINEをしているけど、好きになってもらうために駆け引き方法を知ってもっと好かれたい

モテる男は、LINEの駆け引きテクニックを使いLINEだけで距離を縮めています。

私もLINEの駆け引きはよく使っていますが、知っておくだけで女性とのLINEのやり取りに余裕を出せる男に生まれ変われます。

当記事では、LINEの駆け引きテクニックと嫌われる駆け引き方法をご紹介します。

最後まで読むことで、好きな女性と確実に距離を縮められるのでぜひ参考にしてみてください。

LINEの駆け引きテクニック8選【モテる男のライン術】

LINEの駆け引きがめんどくさいと感じる人もいるでしょう。

ですが、モテる男は当たり前のように使っています。
少し意識するだけで、相手にドキドキ感を与えることだって可能です。

そこで、当記事ではモテる男のなるために私が実践している最強の駆け引きテクニックを10個紹介します。

これから紹介する駆け引きを知れば、好きな女性とLINEをする上で余裕のある男を演じ、ドキドキ感を与えることができますので、ぜひ参考にしてください、

モテ男が使う駆け引き①好きなタイプを聞く

気になる女性がいれば、どんなタイプが好きなのか気になりますよね。

知り合ったばかりの女性であれば、すぐに好きなタイプを聞いてしまう人も多いのではないでしょうか。

好きなタイプを聞くのであれば、少し仲良くなってから聞くことをおすすめします。
知り合って間もない時に聞いてしまうと「チャライ」と思われてしまう場合もあります。

管理人

仲良くなってから聞くことで、好きなタイプがあなたと似ている部分を言ってくる可能性があるからです

モテ男が使う駆け引き②時々褒めてみる

昔は親や先生に褒められましたが、大人になると褒めてもらう機会が少なくなりましたよね。

誰でも褒めてもらえたら嬉しいものです。

だからと言って、褒めまくってしまうと「あなたのことが気になる」とアピールしすぎているため、駆け引きになりません。

つまり、時々褒めることが大切です。
「時々ってどれくらい?」と考える人もいると思いますが、目安としては「ここぞ」というタイミングで褒めることです。

あなたが心の底から褒めたいと感じたときに褒めてあげることで、がっついているとも思われませんし、余裕がある男と演じることができるます。

趣味聞き出し、深堀りする

知り合ったばかりの女性に「○○ちゃんって趣味とかある?」と聞くのは定番ですね。

モテる男は聞いた趣味を深堀りし、女性の話題を主体でやり取りします。

「映画鑑賞が好きだよ」と言ってきたのなら、

  • どんな映画が好きなのか
  • 映画が好きならアニメは好きか
  • どれくらいの頻度で映画を見に行くのか

など、話題はたくさん出てきます。

自分の話しをしたがる男性もいますが、基本してはいけません。

相手の話題の中で「俺も○○は好きだよ」と言うような発言はいいですが、そこから自分の話しを続けてしまうのはNGということです。

つまり、相手が興味のある話題を軸にやり取りすることで女性も、「LINEしてると楽しいし、もっと知りたい」と思わせる駆け引きが成立するわけです。

わざと既読・未読スルーをする

普段から楽しいLINEをするのは悪いことではありませんが、たまには違う自分を演出することも大切です。

押してダメなら、引いてみる作戦ですね。

いつもコンスタントにやり取りしてたけど、急に既読・未読スルーされたら「どうしたんだろ?」とあなたのことが気になります。

未読無視する場合、長い時間放置するのはよくありません。
1時間も放置されれば、別なことに集中してしまってる場合もあります。

目安としては、30分程度放置してから送ることで、「用事があったから返せなかっただけかな」と考えてくれるからです。

女性受けがよさそうなスタンプを使う

LINEスタンプを送るときも、たまに送ることが大切です。

例えば、寝る前やLINEの終わり際にスタンプを使う人がいますよね。
正しい使い方なんですが、毎回のように送ってしまっては「それが当たり前」になってしまい駆け引きとは言えません。

週に1回など時々送ることで、好きな女性にドキドキ感を与え「たまにスタンプ送ってくれるけど、私に気があるのかな?」と思わせることができます。

管理人

明らかに好意があるとわかってしまうと、うまくいきません。言い方を悪くいってしまうと「思わぶりな態度をとる」ことが大切です。

そっけない対応をする

いつも好きな女性に絵文字や顔文字を使うあなた。
たまにそっけない態度をとると、「どうしたんだろ?元気ない?」と無意識にあなたのことを考えてしまいます。

そっけない態度と言っても、「そうなんだ」「うん」など、相槌だけ送ってしまうと既読無視されてしまいます。

普段から、絵文字や顔文字を使っているなら「!」を送ったり、「気を付けていってきてね」など、共感するメッセージだけ送ります。

そっけない対応もやりすぎるのはリスクが高いので、注意してくださいね。

基本は短文で返す、たまに長文で送る

自分のことを知ってもらいたいと思い、長文になりがちな男性がいます。

LINEでのやり取りで長文はNGです。
長文が嫌いな女性はいるが、短文が嫌いな女性はいないからです。

短文は3~4行、長文は5行以上が目安。

参考記事:LINEが長文になってしまう5つの男性心理

ネットで調べていると「長文を送ったらダメ」と書いてある記事が多数あります。
あくまで一般的な話で合って、あなたが普段短文で返す人であれば長文で送っても問題ありません。

たまに長文で返すことで、「私の心を開いてくれてるのかな?」と考え、ドキドキ感を与えることができます。

定期的に決まった時間に送り続けてから、送るのをやめてみる

毎日決まった時間にLINEを送り続けてから、送るのをやめてみるのは駆け引きに使えます。

お仕事や学校が終わるころに「お疲れ様」など送っているのであれば、1日だけいつもより送る時間を遅くしてみてください。

そうすることで、「いつもLINEくれるのに今日は来ないな…」とあなたのことを意識するはずです。
ここで、長時間送らない人がいますが、あまりに長いとどうでもよくなってしまうため、普段送る時間より30分ほど後に送るのが目安です。

管理人

LINEの駆け引きはやりすぎ注意です。普段はいつも通り接してあげて、「ここぞ」というときだけ駆け引きテクニックを使うのがポイントです

LINEで駆け引きをするベストなタイミングとは

知り合って間もない女性は警戒心が強い傾向にあります。

駆け引きするのであれば、少し仲良くなってから駆け引きをするべきです。

初デートをしていなくて、

  • 毎日LINEをしてる
  • 女性から質問を投げてくれる
  • 自分の話しをしてくれる

など、あなたに対して警戒心が解けていることが大切です。

好きな女性に嫌われる!失敗する駆け引き3選

ここでは、「やってしまうと嫌われるLINEの駆け引きを3つ」紹介します。

嫉妬させるため、他の女性を匂わせる

自分に嫉妬させようと、他の女性の話しをすることです。
全く使えないわけではないですが、相手の考え方に左右されやすい方法なので、使わないほうがいいです。

そっけない態度をとり続けるy

クールな男を演じようと、そっけない態度ばかり取る男性も嫌われるためやめたほうがいいです。

LINEで「。」や「!」しか使わない男性というのは、暗い印象を与えてしまい、実際にデートしても「楽しめなさそう」と女性は感じてしまうため、注意してください。

両想いなのに焦らす

両想いなのに焦らす必要性がどこにあるのでしょう。

両思いなのだから、素直な自分をさらけ出してあげて教理を縮めたほうが断然好かれます。

LINEの駆け引きは距離感が大切

LINEの駆け引き方法を紹介してきましたが、下手に使いすぎてしまうと逆効果になるため、相手との距離感が非常に重要になります。

知り合って間もない女性や、両想いなのに無駄な駆け引きはする必要ありません。

駆け引きは女性との関係性や使うタイミングが重要なため、ここでは伝えきれない部分もあります。
あなたが使えそうな駆け引き方法を選び、たまに使ってあげることでいい関係になるきかっけになりますので、ぜひ何度も読んで伝授してみてください。

タイトルとURLをコピーしました