LINEの話題がない!好きな人と確実に盛り上がるネタ5選

好きな人とLINEをしてるけど話題が思いつかない…

好きな人とのLINEではどんな話をしたらいいか分からないな…

好きな人とLINEをしていると話題に悩んでしまい、既読スルーされたりなどしますよね。

私も話題探しにはとても苦労していましたが、

好きな人と確実に盛り上がるLINEの話題5選

では早速、好きな人と確実に盛り上がるLINEの話題を5つ紹介します。
話題といっても無限にありますが、これから紹介する話題は私もよく使っている話題を厳選したものです。

是非活用してみてください。

共通の趣味を探る

好きな人とのLINEで定番ともいえるのが、共通の趣味を探ることです。
お互いの趣味が分からなければ、LINEで盛り上がることは不可能に近いです。

「○○ちゃんって趣味とかある?」や「映画とか好き?」と聞き、お互いの共通点を探します。

映画や食べることが好きな人なら、「良かったら今度一緒に○○行かない?」と、デートに誘うきっかけを作ることもできます。

参考記事:デート誘い方

好きな食べ物の話

定番といえば、好きな食べ物を聞くこと。

「○○君は好きな食べ物ある?」「○○ちゃんはハンバーグ好き?」

好きな人をデートに誘うときも、好きな食べ物を知っておかなければいけません。

「そういえば、○○ちゃんってハンバーグが好きって言ってたよね。今度一緒に行かない?」と前に行ってたことを覚えているのも、好印象に思ってもらえるポイントの一つです。

参考記事:デート

好きなタイプや恋愛話

恋愛話はお互いを意識するきっかけになります。

「好きなタイプは?」「彼氏・彼女はいる?」と聞くことで、敏感な人であれば「もしかして意識してる?」と考えます。

管理人

知り合ったばかりの頃は趣味などの話で盛り上がり、仲良くなってきたら恋愛話を持ち掛けるのが私のテクニックです

お互いの第一印象の話

少しハードルが上がりますが、お互いの第一印象を聞くのも盛り上がる話題です。

人は誰しも自分が一番と考えているので、自分の第一印象というのは気になるものです。

「初めて会ったとき、どんな印象だった?」と聞く感じですね。

ただ、いきなり聞いてしまうのはリスクがあるので、恋愛話などで盛り上がった流れから聞くのがいいでしょう。

気遣いメッセージ

好きな人とのLINE頻度が高ければ、気遣いメッセージも距離を縮める重要な話題です。

例えば、

  • 今日もお疲れ様、私は残業だったよ
  • 最近寒くなってきたけど、体調大丈夫?
  • 明日テストだったよね、頑張ってね

疲れているときに気遣いのLINEが来てたら、誰でも嬉しいですよね。
前言ってたことを覚えててくれてるのは、好感度アップに繋がります。

好きな人に送ってはいけないLINEの話題4選

好きな人とのLINEで盛り上がる話題を重要ですが、それ以上に大切なことが「送ってはいけない話題」です。

これから紹介する話題は絶対に禁止です。
送ってしまえばそれだけであなたの印象は最悪になることでしょう。

では、送ってはいけない話題を4つ紹介します。

自分の話ばかりする

好きな人とLINEをしていると「自分のことをもっと知ってもらいたい」という気持ちから、自分の話ばかりしてしまう人がいます。

自分の話をするのは悪いことではありませんが、自分の話をするのであればタイミングが重要です。

やってはいけないパターンとしては、「今日○○行ってきたさ」と言ったようなLINEはNGです。
相手も、「へーそうなんだ」としか思わない可能性があるからです。

自分の話しをするのであれば、
「私ラーメンが好きで、この前言行ったラーメン屋さんがすごい美味しかったんだよね」
「そうなんだ!俺もラーメンが好きでよく行くよ」

こんな感じで、相手の話題に対して自分も好きとアピールするのはいいですね。

基本的にあなたに興味を抱いていれば、LINEのやり取りの中で質問されることがあるので、答えるスタンスがいいでしょう。

お金や家族構成など詳しく聞く

お金や家族構成などは人に言いたくないという人も多いので、絶対に聞いてはいけない話題と言えます。

特に金銭面に関しては、深く入り込みすぎると嫌われる可能性だってあります。

相手がオープンな感じであればいいのですが、自分からお金に関して触れないような人であれば、こちらからの聞くのは避けたほうがいいでしょう。

管理人

私も付き合ってきた女性とは、お金に関して聞いたことはありません。私自身も「貯金とかしてるの?」と聞かれるのが嫌だからです。

友人の悪口や愚痴を吐く

友人の悪口や愚痴もしてはいけない話題です。
ふざけ半分で人の悪口を言ったり、イライラして愚痴を吐いてしまうのは、聞いてる側からすると全く面白くないです。

親しい関係であれば、受け入れてくれる人もいるかもしれませ。

でも、知り合ったばかりの相手に悪口や愚痴言うのは、「そんな話されてもな…」と思い、あなたとのLINEに疲れを感じてしまうでしょう。

過剰な下ネタ

今度、お付き合いを考えてる相手なら、下ネタの話題もリスクが高いです。

相手によると言われればそれまでですが、下ネタはチャラいと思われたり、付き合ったら浮気されそうなど考える人もいます。

好きな人へのLINEで気をつけるべき3つのこと

そもそも、LINEをする上で気を付けるべきことがあります。
LINEの話題も重要ですが、基本的なことを覚えておかなければ恋人になることは難しいです。

ここからは、「好きな人へのLINEで気をつけるべき3つのこと」を紹介します。

長文メッセージは送らない

基本的に長文メッセージを送るのはやめましょう。

しっかり相手に伝えるために、長文になってしまう人がいますが、読む側としては「長文で返さなきゃ」というプレッシャーにもなってしまいます。

長文の目安は5行以上です。

参考記事:【男女別】長文LINEって何行から?好きな人に好かれる最適な長さを解説!

既読スルーをしない

好きな人とLINEをしていると、既読スルーしたくなる時もありますよね。
でも、できる限り返信はしてあげてください。

理由は、既読スルーされて悩む人が多くいるからです。

好意がある相手から返信が来なかっただけで、色々考えてしまい不安に感じてしまう人もいます。

せめて、1日以内には返信を心がげることが大切です。

参考記事:LINEを既読無視・既読スルーする理由10選と対処法

しつこくしない

LINEも会話と同じです。
しつこくしてしまえば嫌われます。

返信が待ちきれず追撃LINEを送ってしまえば、しつこいと思われかねません。
なぜなら、返信ができない理由にあります。

ただ、忙しくて返信ができないだけなのに、「なんで返信くれないの?」なんて来てたらイラッとしますよね。

相手の事情を知らないのに、追撃LINEを送るのは嫌われる可能性が高いので気を付けましょう。

好きな人とのLINEで分かる3つの脈ありサイン

いい感じにLINEも続き盛り上がってきたら、脈ありサインを探りましょう。

もしかしたら相手からのサインを見逃している可能性があります。

ここでは、主な脈ありサインを3つ紹介しますが、完全版が気になる人は以下の記事を参考にしてください。
参考記事:【男女別】LINEの脈あり・脈なしサイン24選!

恋愛話をする

内容にもよりますが、恋愛話をしているということはあなたに好意を抱いている可能性が高いです。

例えば、

  • どんな人がタイプなの?
  • 彼氏・彼女っていないんだっけ?
  • ○○君は本当に一途なんだね

など、「あなたのことが興味あります」アピールは脈ありサインといって間違いなしです。

名前を呼んでくれる

あまり意識していない人も多いのが、相手の名前を呼ぶことです。

日常会話では相手の名前を呼ぶことが多いですが、LINEでは相手の名前を呼ぶことは少ないです。

例えば、
「ホント頼りになるなー」→「○○くんって本当に頼りになるなー」
「好きな食べ物とかある?」→「○○ちゃんは好きな食べ物とかある?」

このように、名前予備しなくても伝わることを、名前を付けて呼ぶことは無意識に出ている脈ありサインと言えます。

毎日やり取りをしている

毎日LINEをしているのも、間違いなく脈ありサインの一つです。
毎日LINEをしているということは、あなたに興味があるから毎日LINEをしているのです。

つまり、例え返信が遅くても毎日続いているのは、もっとLINEをして色々知りたいと思われている証拠です。

管理人

でも、知り合ってから3か月以上経っている場合、友達関係と判断されている場合もあるので注意してください。

好きな人とのLINEを長続きさせる3つのポイント

結局LIUNEをしていても長続きしないと意味がありません。
可能なら毎日LINEをしたいもの。

そこで、好きな人とのLINEを長続きさせる3つのポイントをお伝えします。

これから紹介するポイントを意識するだけで、確実にLINEのやり取りをスムーズに行うことができますので、ぜひ覚えてください。

共感や相槌をしてあげる

相手が言ったことに対して、共感もしくは相槌をしてあげてください。

日常生活でも「この前、映画見てきたんだけどすごい面白いのあったよ」と言われたら、「そうなんだ」と反応してあげますよね。

LINEでも相手からの発信に対して共感や相槌をすることで、「あなたに話、ちゃんと聞いてるよ」という証拠にもなりますので大切です。

疑問形で返す

当たり前かもしれませんが、タイミングを見て疑問形で返してあげてください。

毎回疑問形で返してしまうと、尋問を受けているかのようになってしまうので、たまに返す程度で問題ありません。

大切なのはLINEを送信する前に、打ち込んだ文章を客観的に読んでみてください。

その際、もらった側は返信しやすいのかを確認して、返信しやすければ送信しましょう。
返信しにくいと感じたら、疑問文を付けるか文章を考え直すようにしてください。

相手の話題を主体で話を展開させる

LINEを長続きさせる上で一番重要視してほしいのが、相手の話題を主体で話をすることです。

好きな人の趣味が映画鑑賞であれば、

  • 好きな映画はなに?
  • その映画知ってる、面白いよね
  • アニメ映画とかは好き?

など、相手が興味のある話題を主体でやり取りすることで、自然と長くLINEをすることができます。

LINEの話題がないと考えてるのは、情報不足の可能性が高い

ここまでLINEの話題がない人に向けて、盛り上がる話題などお伝えしてきました。

恋愛初期の頃は、相手の趣味やお互いのことを知ろうとするので、話題には困りません。

毎日LINEをしていると日常的な話など絡めていかないと、話題が尽きてしまう人もいるはずです。

その場合、好意があれば日常的な会話をするのは問題ありません。
気になってる人からLINEが来るだけで嬉しいので、他愛のない会話をしながらデートを重ね、恋人になることができるはずです。

タイトルとURLをコピーしました