LINEがめんどくさいと感じる5つの男性心理と対処法を解説!

好きな男性がいるんだけど始めは普通に返信をくれてたんだけど、最近既読スルーされたり冷たい時があるんだよね。

管理人

もしかすると男性がLINEをめんどくさいと感じている可能性があるね。

当記事では、好きな女性とのLINEをめんどくさいと感じてしまう心理を解説します。

当記事を読めば、LINEがめんどくさいと感じている男性心理を知ることができ、より教理を縮めることができますのでぜひ参考にしてみてください。

LINEをめんどくさいと感じてしまう5つの男性心理

LINEをめんどくさがる男性は多くいます。

私も、LINEが嫌いとか苦手ではないけど、
めんどくさいと感じることはあります。

そこで、「LINEをめんどくさいと感じてしまう5つの男性心理」をお伝えしていきます。

結論からお伝えすると、

  • 既読スルーすると不機嫌になる
  • リアルタイムで近況報告をしてくる
  • 毎回同じようなテンプレの文章を送ってくる
  • 即レスされる
  • 返事を催促される

では、詳しく見ていきましょう。

既読スルーされると面倒に感じる

一生懸命LINEを返しているのに、
既読スルーされると「あー、めんどくさい」と感じてしまう男性もいます。

たまに駆け引きとして既読スルーする程度ならいいのですが、毎回のように既読スルーしてしまうとめんどくさく感じてしまいますので、注意してください。

リアルタイムで近況報告をしてくる

近況報告をされても、内容によっては返しにくいことがあります。

好意がある女性から近況報告をされたとしても、
嬉しい反面…返しにくいからめんどくさくなりがちです。

近況報告をするのであれば、
受け取った男性が返しやすいLINEかどうかをチェックしてあげる必要があります。

毎回同じようなテンプレの文章を送ってくる

よくあるテンプレLINE
  • 今何してるの?
  • 明日何するの?
  • 休みは何してるの?

基本男性は、あれもこれもと詮索されるのを嫌います。

もちろん、趣味とか好きな食べ物を聞くのは問題ありません。

やってはいけないのは、相手のスケジュールにかかわることをこちらから聞いてはいけないということです。

何度もやられると、めんどくさくなって既読スルーすること間違いなしです。

即レスされる

即レスというのは、すぐに返信することです。

もし男性のLINEペースが遅い人なら、
できるだけ彼に合わせてあげましょう。

早く返信しすぎるとプレッシャーに感じてしまい、
めんどくさくなってしまう可能性があります。

返事を催促される

誰しもめんどくさいと感じるのが催促LINEです。

返事をしなかっただけで「なんで返事くれないの?」「今何してるの?」と追撃LINEを送るのはご法度です。

男性は確実にめんどくさくなり、
場合によってはブロックされることもあるので注意してください。

再度LINEを送るのであれば、2日経ってもLINEが来なかったら、何事もなかったかのようにLINEをしてあげてください。

好きな男性がめんどくさいと感じているときの3つの対処法

どのようにめんどくさいと感じているかにもよりますが、
私(男性)が実際にされたら嬉しい対処法を3つ紹介します。

状況に合わせて使ってみてください。

長文は送らない

5行以上のLINEのやり取りが当たり前になっているのであれば、
もう少し短文にして送ってみるのも効果的。

長文でのやり取りは内容を確認して考えたりするのに時間がかかるため、
めんどくさく感じる男性もいます。

LINEのやり取りでは4行以下がおすすめです。

LINEペースを落としてみる

毎日LINEするのはいいんですけど、頻繁にLINEをしているのであれば、
3時間おきくらいのペースで返信してみるのも効果的。

女性に比べて男性はLINEに苦手意識を持っていたり、
めんどくさく感じることも多いです。

もし普段から頻繁にやり取りしているのなら、
それなりの時間を空けて様子を見るのも一つの手です。

電話で話す

男性は電話で話した方が楽だし、声も聞けるので電話を好む人が多いです。

文字をいちいち打つのがめんどくさいと考える人もいるからです。

もし男性があなたに好意があるのなら、
LINEの頻度を下げつつ、暇なタイミングを見計らって電話をかけてみてください。

普通に嬉しいので喜びますよ(笑)

LINEがめんどくさいと感じる男性はいるけど、うまく接してあげれば恋は成就します

男性はめんどくさがり屋の人が多いです。

LINEでもめんどくさいと感じて、
既読スルーしてしまう人もいます。

自分はめんどくさくないと思って送った内容が、
男性にとってはめんどくさく感じてしまうこともあります。

相手の負担にならないように、相手のペースに合わせることも大切です。

タイトルとURLをコピーしました